【マカティ】サウスポイント / Southpoint

物件名サウスポイント
Southpoint
エリアMakati
価格1,600万円〜2,700万円
住所2236 Don Chino Roces Avenue,
Brgy. Bangkal, Makati City
総戸数924戸(タワー1)
完成予定2024年(タワー1)
デベロッパーAvida Land
設備ジム、クラブハウス、ファンクションルーム、デッキ、オープンラウンジ、プレイエリア、プール、キッズプール、ジョギングコース、ウェルネスエリア

Makati CBDから南に1キロ弱、PNR(Philippine National Railway)エドサ駅とMRT(Metro Manila train)Magallanes 駅近くでSouthpointの建設が進んでいます。建設エリアはMakati CBDから少し離れていることもあり、大型オフィスや商業施設が少なく倉庫や車のディーラーが目立つまだ少し寂しいエリアですが、これ以上の開発スペースがないMakati CBD内からMakati CBDの外側、Southpoint周辺エリアも含めたいわゆる「Fringe Makati(Makati周辺)」と呼ばれるエリアの開発が目立つようになってきました。そうした背景もあり、Southpoint周辺では、他のデベロッパーによるコンドミニアム開発や、オフィス建設、South Pointからもう少し北向かったエリアでは倉庫街だった場所を改築しておしゃれなレストランやブティックショップ、ギャラリーなどの施設が建設されたりしています。
South Pointoのデベロッパーはフィリピン最大手のアヤラランドです。アヤラランドのコンドミニアムは4つブランドがあり、Premir、Alveo、Avida、Amaiaに分かれています。Southpointは3つ目のブランドで、ブランドの中では比較的リーズナブルで沢山のフィリピン人が投資用または居住用として購入しています。
スタジオ23平米、ジュニア1ベッドルーム23平米がメインの間取りです。23平米と比較的部屋のサイズが小さいため、購入総額があまり高くならず、かつ投資用として貸し出す際にもサイズが小さい分賃料が高くならない為、現地フィリピン 人にも借し出しやすい金額となります。特にMakati CBD内のプレビルドコンドミニアムは数も少なく価格が高騰してきているため、そのエリアからは少し離れたFringe Makatiエリアに建つコンドミニアムはイニシャルコストを抑えつつ投資利回りも期待できる物件かと思います。特に初めてフィリピン不動産を購入される方にはオススメの物件となっています。

★ユニット番号と階数により平面図は変わりますので詳しくはお問い合わせください。
 また市場と為替により金額は変動いたします。

【Studio スタジオ】

  • 面積:
  • 価格:お問い合わせください

【1BR ワンベッドルーム】

  • 面積:
  • 価格:お問い合わせください
デベロッパーAvida Land
特長Ayala landの傘下にある Avidaは1990年にLaguna州の区画整備のされた街を中心に開発をしていたLPHIという社名で始まりました。2003年に初めてコンドミニアムのプロジェクトが開始され2010年に社名をAvidaへ変更、そこから加速しグローバルシティやマカティに新規プロジェクトを起こす。
実績Avida Tower, Avida Towers Alabang
セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談