戦没者慰霊祭、日本人51万人犠牲の激戦地

太平洋戦争の激戦地となり、日本人約51万8千人が亡くなったフィリピンで15日、戦没者慰霊祭が開かれました。新型コロナウイルス感染拡大が続いており、昨年に続いて首都マニラ近郊のカリラヤ日本人戦没者慰霊園での開催を断念しました。日本大使館内で越川和彦大使らが在留邦人を代表して参列し、オンラインで76人が視聴しました。
黙祷後「哀惜の念をあらたに、平和に思いを巡らし、後に続く世代に永遠に語り継ぎ、両国の一層の相互理解と友好の礎とすることを誓う」とする在留邦人代表、マニラ日本人会細谷明宏会長の追悼の言葉が、代読で読み上げられました。フィリピン側からはドゥテルテ大統領のメッセージが寄せられました。
カリラヤの慰霊園では日本政府が1973年に戦没者の碑を建立して以降ほぼ毎年、終戦の日に慰霊祭が開かれてきました。2016年には、フィリピンを公式訪問した現在の上皇ご夫妻が初めて慰霊に訪れました。戦争ではフィリピン人も約110万人が犠牲になったとされています。

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談