首都圏の2市結ぶ橋改修完了・中国支援

フィリピンのマニラ首都圏マカティ市とマンダルヨン市を結ぶエストレラ―パンタレオン橋の改修工事が完了し、7月29日に完成式典が開かれました。中国政府の支援で建設され、事業費は14億6,000万ペソ(約32億円)です。首都圏の交通渋滞解消が期待されています。
式典に出席したドゥテルテ大統領は中国への謝意を示しました。全長506.46メートルの4車線の橋は2019年1月に着工し、従来の2車線の橋を架け替え、歩道部分も拡幅しました。
中国政府のインフラ事業支援では、ほかにマニラ市ビノンドとイントラムロスを結ぶビノンド―イントラムロス橋の建設が進んでおり、年内の完工が見込まれています。

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談