世銀、比の防災に3億ドル融資

世界銀行は2日、フィリピン政府の防災プロジェクトに対する3億米ドル(約330億円)の融資を承認したと発表した。マニラ首都圏の公共建築物の安全性や耐震性を強化する事業などを支援する。
首都圏の学校や病院など約425カ所の公共施設が支援の対象となる。地震などの災害時の被害を軽減する狙い。教師や生徒、医師、患者など約30万人のリスクが減るとされる。
首都圏で大地震が起きた際、公共事業道路省の即応体制を強化する事業にも融資する。震災後の通信、輸送能力を向上させるための設備調達を支援する。

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談