ユニオン銀、米シティのフィリピン個人向け部門買収

フィリピンの大手銀行ユニオンバンクは23日、米金融大手シティグループがフィリピンで手掛ける個人向け銀行部門を買収すると発表しました。100万人近いシティの顧客基盤と資産を組み入れるとともに、金融サービスのデジタル化を急いでいます。

買収総額は明らかにしていない。ただ資産取得の対価に加え、プレミアムとして453億ペソ(約1000億円)をシティに支払うと説明しています。フィリピン中央銀行など規制当局からの承認を受けて、2022年後半に買収を完了する予定です。

エラモン・アボイティス会長は「フィリピンで主要行として我が社の立ち位置を確立し、成長を加速させる」と強調しました。預金やローン、クレジットカードの発行などデジタル関連のサービスを拡充する見通しです。

買収する個人向け銀行部門はローン事業やクレジットカード事業を含みます。6月末時点でローンなどを含め895億ペソの資産を保有する一方、負債は717億ペソでした。シティはかねて「フィリピンを含むアジア・太平洋地域のグループ戦略を見直す」と表明していました。

ユニオン銀はフィリピンの大手財閥アボイティス系の金融機関で、1,000万人を超える顧客を持っています。資産規模では同国の銀行で10位。中銀からオンラインで金融サービスを手掛ける「デジタル銀行」の免許を取得した6社のうちの1社です。

# フィリピン 不動産 投資 株 海外進出 永住権 ビザ マニラ セブ 移住 移住 コロナ

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談