違法な税還付証明、繊維6社で16億ペソ

フィリピン財務省は、繊維企業6社が2008~14年に取得した税還付証明書について、計15億8,000万ペソ(34億7,600万円)分が違法と認定されたことを発表しました。
6社は財務省傘下で税還付証明書の発行機関であるワンストップ・ショップ(OSS)センターから違法に証明書を取得。今年1~3月の時点で、会計検査院に相当する監査委員会(COA)の特別監査室から11億9,500万ペソ分の無効通知を受けていました。4~6月には新たに3億8,927万ペソ分を無効。
08~14年に財務省、投資委員会、関税局、OSSセンターに勤務し、違法な証明書の処理と承認を担当した元職員数人と、6社側の受領と申請を実行した人物は、監査委の処分を受けることになります。

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談