東南アにフィンテック成長余地、フィッチ

欧州系格付け会社のフィッチ・レーティングスは23日、フィリピンなど東南アジア各国には、フィンテック(ITを活用した金融サービス)産業の成長余地があると報告書で明らかにしました。若年層の厚さや銀行口座保有率の低さなどが、フィンテック普及の鍵になるとみている。
フィッチによると、東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6カ国の人口の半数以上は35歳以下で、向こう10年の所得の伸びを考慮すると、この若者層が金融サービス需要を喚起することが期待される。
フィリピンやベトナムでは銀行口座保有率が低く、フィンテック産業に有利になるとの見方を示しました。群島国家であるフィリピンは、供給コストの観点から遠隔地への金融サービスの普及が遅れている。IT技術の発展により、今後は銀行が避ける低所得者への与信業務をフィンテック企業が開拓するとみています。
フィリピン中央銀行は、2023年までに全決済に占める電子決済の割合を50%に引き上げる目標を掲げている。フィッチは、規制当局がフィンテック普及に積極的なことも同産業の成長を後押しすると指摘しました。

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談