地場航空2社、1~6月は赤字続く

フィリピンの航空大手2社の2021年1~6月期連結決算が23日、出そろった。フィリピン航空(PAL)の持ち株会社PALホールディングス(PHI)、格安航空会社(LCC)最大手セブ・パシフィック航空を運営するセブ・エアーの両社とも、新型コロナウイルス感染拡大の影響で収益悪化が続いている。
フィリピン航空の最終損失は165億5,184万ペソ(約362億円)と、赤字幅は前年同期の209億3,230万ペソから20.9%縮小した。売上高は51.0%減の180億4,377万ペソだった。感染対策の外出・移動制限や入国規制などにより航空需要が低迷し、主力の旅客収入は60.3%減った。
同社は資金調達が困難なため、再建計画に着手している。7月にはリース機材を2機返却し、20年と21年に計画していた機材調達を26~30年に延期した。今年3月中旬には従業員約3割の人員削減に踏み切った。
セブ・エアーの最終損失は137億9,265万ペソと、前年同期の91億4,153万ペソから赤字幅が50.9%拡大した。売上高は65.9%減の59億420万ペソ。旅客数は450万人から120万人に減少し、旅客収入は82.4%減となった。
新型コロナの影響を軽減するため、プロセスの最適化やデジタル化、人員整理などによる企業規模の適正化に取り組んでいる。

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談