財閥DMCI、ニッケル鉱輸出が過去最高

フィリピンの財閥DMCIホールディングス(DMCIH)は17日、2021年1~6月期のニッケル鉱輸出量が前年同期比45%増の124万湿トン(WMT)となり、過去最高を更新したと発表しました。
子会社DMCIマイニングが所有する鉱山で、パラワン州から71万8,000WMT、サンバレス州から52万2,000WMTのニッケル鉱を輸出しました。サンバレス州での操業停止が解除され、両鉱山が初めてフル操業できる状態となり、輸出量が増加しました。
ニッケル鉱需要は、中国のステンレス鋼生産が拡大する中、インドネシアが輸出を禁止しているため増大しています。ニッケル鉱価格は1WMT当たり28米ドル(約3,060円)から44米ドルに急騰しました。
DMCIは、新型コロナウイルス感染拡大などで主要ニッケル鉱採掘会社の生産が低迷しており、需給が逼迫(ひっぱく)していると指摘し、今後数カ月は価格の上昇傾向が続くと予想しています。
DMCIマイニングは、2021年1~6月期の売上高が前年同期比2.2倍の27億ペソ(約58億円)でした。輸出増のほか、税制改正に伴う特別収入が収益を押し上げました。

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談