化学D&L、1~6月は純利益74%増

フィリピンの総合化学メーカー、D&Lインダストリーズが11日発表した2021年1~6月期連結決算は、純利益が73.9%増の13億9,500万ペソ(約30億6,200万円)、売上高が36.7%増の139億500万ペソでした。新型コロナウイルス対策の外出・移動制限措置の影響を受けた前年同期から、全部門で純利益が回復し、コロナ前の19年の水準に戻りました。
純利益を部門別に見ると、食品成分が2.4倍の4億5,700万ペソと最も伸びました。特殊プラスチックが52%増、消費財が39%増、化学製品が37%増と、いずれも2桁増益でした。外食業界で持ち帰りや宅配の需要が高まったことなどが押し上げました。
アルビン・ラオ社長兼最高経営責任者(CEO)は、6日からマニラ首都圏などの外出・移動制限が最も厳しい措置に引き上げられたものの、「事業に大きな影響はない」との見方を示しました。クリスマスシーズンの始まりや22年の選挙に向けた支出増、年内にバタンガス工場が稼働する点などに言及し、事業の先行きを楽観しています。

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談