初のドル建て個人国債、8月発行は断念

フィリピン財務省のデレオン財務局長は9日、同国初の個人向け米ドル建て国債の発行は当初予定の今月半ばからずれ込むと明らかにしました。マニラ首都圏で新型コロナウイルス対策の外出・移動制限が最高水準に引き上げられているため、市況を注視しながら調整する。年内発行の可能性はあるものの、今後の見通しは不明だという。
一方、財務省は同日、小口投資家の国債購入に対して一部の銀行の協力が得られたと発表。口座開設時の最低預入金額と口座維持に必要な平均預金額を廃止することで、合意が成立した。従来の慣行では、国債を買う前に最低預入金額として500~1,000米ドル(約5万5,000~11万円)が必要でした。
財務省は先月、初の個人向け米ドル建て国債の発行計画を発表した際、最小購入単位を従来の米ドル建て比国債の20万米ドルから300米ドルに引き下げる方針を示していた。在外フィリピン人などの個人による小口投資も想定している。

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談