1~6月の貨物取扱量19%増、港湾庁

フィリピン港湾庁(PPA)によると、同庁が所管する港湾の2021年1~6月の貨物取扱量は1億2,745万トンと、前年同期から19.1%増加しました。新型コロナウイルス下でも貨物の動きは堅調になっています。
貨物取扱量のうち、国内貨物が9.4%増の4,840万4,505トン、外国貨物が25.9%増の7,904万9,035トンでした。コンテナ単位で見ると、18.5%増の362万6,728TEU(20フィートコンテナ換算)と、伸びが大きいです。
一方、旅客数は42.9%減の1,043万6,727人と、新型コロナ感染拡大による移動制限の影響で落ち込みました。コロナ禍前の19年1~6月は4,500万人を超えていました。
入出港船舶数は3.8%増の17万8,561隻でした。このうち国内船は3.3%増の17万2,885隻、外国船は22.1%増の5,676隻でした。

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談