6月の工業生産、量・額ともに伸び5倍

フィリピン統計庁(PSA)は6日、2021年6月の工業生産量が前年同月比5.5倍だったと発表しました。工業生産額も5.4倍に拡大しました。生産量、生産額ともに3カ月連続で前年を上回りました。
6月の主要工業総合調査(MISSI、速報値)で、工業生産量指数(18年=100)は93.0、工業生産額指数(同)は83.7でした。いずれも22業種のうち19業種が前年同月を上回り、上昇幅が最も大きかったのは石炭・石油精製品でした。
回答企業489社のうち、6月の設備の平均稼働率は67.7%となり、前月の66.6%(改定値)から上昇しました。稼働率が90%以上の企業は全体の26.5%でした。

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談