民放ABS-CBN、ネット放送に活路

フィリピンの民放ABS-CBNは、インターネットのプラットフォームを通じた放送を拡大するなどして黒字化を目指す方針を明らかにしました。昨年5月に放送免許が失効し、経営が悪化しているため、ネット戦略を強化して立て直す計画です。
親会社の財閥ロペス・ホールディングスのサルバドル・ティロナ社長によると、ユーチューブなどオンラインの動画配信サービスを活用した放送を拡大し、コンテンツの海外販売を強化し、収益を確保するとのことです。
ABS-CBNは25年間の放送免許が2020年5月に失効し、テレビとラジオの放送停止を命じられました。現在はオンライン配信のほか、テレビ・ラジオ局のゾーイ・ブロードキャスティング・ネットワークなどと提携し、一部の番組を放映しています。
20年の最終損益は133億4,000万ペソ(約291億円)の赤字となり、赤字幅は前年の5倍に膨らみました。ティロナ社長は、新戦略の推進によって黒字化し、民放最大手の地位を取り戻す考えを示しています。

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談