6月の外国人証券運用=3.3億ドル買い越し

フィリピン中央銀行は7月30日、外国人投資家による2021年6月の有価証券運用(速報値)が3億3,451万米ドル(約367億円)の買い越しだったと発表しました。2カ月連続での買い越しとなりました。
流入額は44.4%増の21億599万米ドルです。フィリピン証券取引所(PSE)上場株への投資が全体の91.0%を占めました。主な業種別投資先は食品・飲料・たばこ、不動産、銀行、持ち株会社、小売りという結果でした。ペソ建て国債への投資が残る9.0%を占めています。
投資の上位国は、英国、米国、シンガポール、ルクセンブルク、ノルウェーの5カ国で、全体の74.2%を占めました。中国が上位に入っていないことが意外でした。
流出額は前月比70.1%増の17億7,148万米ドルでした。米国が全体の64.8%を占めています。

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談