ブラカン空港建設、海外で部材生産開始へ

フィリピンの財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)は、着工延期が続いている新マニラ国際空港(ブラカン国際空港)について、海外の工場で先行して部材生産を始める方針を示した。完成した部材を輸入し、国内で組み立てる。インクワイラーが7日伝えた。

ラモン・アン社長兼最高執行責任者(COO)によると、既に複数の海外企業に発注を済ませた。老朽化が進むニノイ・アキノ国際空港(NAIA)を代替する目標に向け、次期政権の発足後「間もなく」完工する見通し。
アン氏は具体的な起工日などの詳細は明らかにしなかった。着工式が当初計画の今年3月までに間に合わなかったため、必要な許可を申請していると説明した。

サンミゲルは、国内最大規模のインフラ事業であるブラカン空港と周辺地域の一帯開発に、7,350億ペソ(約1兆6,884億円)を投資する計画だ。

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談