FDI認可額33%減、1~3月

フィリピン統計庁(PSA)は3日、2021年1~3月期の海外直接投資(FDI)認可額が前年同期比32.9%減の195億4,960万ペソ(約448億5,600万円)だったと発表した。新型コロナウイルス感染拡大により、5四半期連続でマイナスとなった。

FDI認可額には、投資委員会(BOI)やフィリピン経済区庁(PEZA)といった投資促進を担う7機関による案件が含まれる。外資企業による投資は、国内企業を合わせた全体(1,651億6,320万ペソ)の11.8%にとどまった。
国内企業の投資は前年同期比67.9%増えた一方、新型コロナ対策の外出・移動制限措置が影響し、海外からの投資は冷え込んだ。

投資認可額を投資促進機関別に見ると、日系製造業の多くが登録するPEZAが全体の62.3%、BOIが35.0%を占めた。PEZAは1.0%減にとどまったが、7機関中4機関が大幅に落ち込んだ。
国・地域別に見ると、日本が8.4倍の107億1,655万ペソと、全体の54.8%を占め最多だった。産業別では、製造業が11.9%増の111億3,540万ペソと最大で、全体の57.0%を占めた。

セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談