フィリピンへ事業進出をお考えならGSR株式会社のセミナーに参加を フィリピンの投資環境と注意点

経済が成長し続けているフィリピンには多くの投資チャンスが転がっており、フィリピンに事業進出する企業も増加しています。そこでこちらでは、フィリピンの投資環境について分かりやすく解説します。

また、投資は良いことばかりではありません。当然リスクもあります。フィリピンの投資環境において注意すべき点もご説明しますので、フィリピンへの投資に関心がある方はぜひ目を通してみてくださいね。

フィリピンの投資環境は?

フィリピンへの投資や事業進出を目指す前に、フィリピンの投資環境について確認しておきましょう。

日本とフィリピン間の貿易や投資は活発

日本はフィリピンが二国間自由貿易協定を結ぶ唯一の相手国であり、輸入・輸出共に日本との貿易額が大きな割合を占めています。

そのため、フィリピンの日本への期待は大きく、日本企業の事業進出も好意的に捉えています。

インフラ投資による経済成長

2016年から国政を担うドゥテルテ政権のもと、「ビルド・ビルド・ビルド」と名付けられたインフラ政策が取られており、安定した経済成長を見込めます。

外資の規制が緩やか

上記のインフラ政策のため、フィリピンでは外国からの投資を歓迎しています。そのため、フィリピンでは外国投資法が自由化され、一部の分野を除き、外国資本100%での投資が認められています。

経済特区での優遇措置

フィリピンでは業種別の経済特区があり、外国から経済特区に事業進出した場合には、法人税や永住権、免税などの面で優遇措置を受けることができます。

優秀な人材に期待できる

フィリピンでは、大学を卒業した優秀な人材が増加しています。また、英語に堪能な人も多いため、コミュニケーションを取りやすいのも強みです。

フィリピンの投資環境について知りたいという方は、お気軽にGSR株式会社のセミナーにご参加ください。セミナーにでは、フィリピン不動産投資の役立つ情報をお伝えします。

フィリピンの投資環境の注意点

フィリピンの投資環境には注意すべき点もあります。

インフラ整備が十分でない

まず1点目は、インフラ整備が不十分であることです。

先ほどもご紹介した通り、ドゥテルテ政権ではインフラ政策により、インフラ整備に力を入れていますが、いまだ電力供給や交通網には不安が残ります。

土地所有は難しい

フィリピンの土地を所有することは難しく、

  • フィリピン人が60%以上の資本を有する
  • 外国資本を40%以下にする

のどちらかの条件を満たす必要があります。日本からの事業進出でこれらの条件を満たすのは現実的ではないため、土地はリースを行うケースがほとんどです。

ネガティブリストでの規制

フィリピンにも外国投資が規制されている分野「ネガティブリスト」が存在します。以下が出資規制の対象となる分野です。

1.外資40%以下に規制
  • ラジオ通信網
  • 教育機関の所有、設立、運営
  • 私有地の所有
  • 払込資本金額が20万USドル未満の国内市場向け企業
  • 先端技術を有する、または50人以上を雇用する払込資本金額10万USドル未満の国内市場向け企業
2.外資30%以下に規制
  • 広告業

フィリピンでの投資・事業進出をお考えならGSR株式会社へ セミナーを開催

フィリピンでの投資・事業進出をお考えなら、GSR株式会社にお任せください。フィリピンでの不動産投資や事業進出に役立つ現地視察パッケージツアーをご用意。今のフィリピンの投資環境に直接触れることができます。

また、定期的にセミナーや個別説明会を開催していますので、ご不明な点にもしっかりお答えいたします。フィリピンでの投資・事業進出にご興味をお持ちの方は、GSR株式会社までお気軽にお問い合わせください。

フィリピンで不動産投資や資産運用をお考えならGSR株式会社へ

  1. フィリピン不動産投資ならGSR株式会社 フィリピン不動産投資のリスクと注意点 キャピタルゲインは期待できる?
  2. フィリピン不動産投資にかかる税金と向いているタイプ セミナーや個別相談会を開催
  3. フィリピンの事業継承ならGSR株式会社のサイトをチェック フィリピンでの事業継承の方法と実行手順
  4. フィリピンの事業継承ならM&AのマッチングをサポートGSR株式会社 M&Aの解説と買収のポイント 法人・個人問わずセミナーに参加を
  5. フィリピン現地視察を成功させるための手順 短期間の滞在でも保険に加入を
  6. フィリピン現地視察ツアーにかかる料金や通訳を依頼する際の料金・方法 資料請求はお気軽に
  7. フィリピン永住権の種類と申請条件を解説 クオータービザの申請について相談を セミナーも開催
  8. フィリピン永住権の取得方法と必要となる費用 免税についても相談を
  9. フィリピンへ事業進出をお考えならGSR株式会社のセミナーに参加を フィリピンの投資環境と注意点
  10. フィリピンの事業進出ならコンサルで豊富な成功事例があるGSR株式会社へ フィリピンでの法人設立の手順と注意点

フィリピン不動産投資のセミナーや個別相談会をお探しならGSR株式会社へ

社名
Global Strategy Real estate Inc./GSR株式会社
連絡先
■マニラ本社
4/F Guijo Center, 7625 Guijo St. cor. Sacred Heart, San Antonio Village,
Makati City 1203 Philippines
Phone.+63-2-8869-4444
■東京オフィス
【お客様窓口】
〒105-0013 東京都港区浜松町2-1-16 2F
2F 2-1-16 Hamamatsu-cho Minato-ku Tokyo 105-0013 Japan
Phone.03-6450-1240 FAX.03-6450-1443
e-mail
info@gsr-ph.com
設立日
2014年6月
資本金
20,000,000peso
従業員数
42名
事業内容
新築・中古コンドミニアムの売買・賃貸・仲介
セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談