フィリピン永住権の種類と申請条件を解説 クオータービザの申請について相談を セミナーも開催

フィリピンでは、自国に経済的利益をもたらす外国人に対し、国籍を変えずに永住できる「永住権」を優先的に与えています。フィリピンが用意している永住権には、クオータービザをはじめ、いくつかの種類があり、その申請条件も異なります。

そこでこちらでは、フィリピン永住権の種類をご紹介すると共に、それぞれの申請条件について解説します。GSR株式会社ではセミナーも開催していますので、ぜひご参加ください。

フィリピンの永住権の種類

フィリピンの永住権を得られる代表的なビザとして、次の3つが挙げられます。

結婚用・永住移住査証ビザ(Mon-Quota Immigrate Visa)

フィリピンの永住権の1つが、フィリピン人と結婚した外国人に発行される「結婚用・永住移住査証ビザ」です。

結婚して1年目は結婚仮永住ビザ(13a)、それ以降は正式な結婚用・永住移住査証(13b)を申請することができます。

特別居住退職者ビザ(SRRV)

35歳以上であれば、「特別居住退職者ビザ」も人気が高い永住権です。フィリピンの指定銀行に一定額の預金を行い、定められた条件をクリアすれば取得できます。

預金額や条件によって

  • SRRV CLASSIC
  • SRRV SMILE
  • SRRV HUMAN TOUCH

の3つが用意されているため、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

特別割当移住査証(Quota Immigrant Visa)

「クオータービザ」という名称で有名な永住権ビザです。毎年50名に発行され、これまでご紹介してきたような結婚や預金の条件もありません。そのため、クオータービザは非常に高い人気を誇っています。

この他にも投資を継続する限り滞在が許される「特別投資家ビザ(SIRV)」「特定産業投資査証」も永住権ビザと似た形で活用することができます。

フィリピン永住権の申請条件

こちらでは、先ほどご紹介したフィリピン永住権ビザの申請条件についてご紹介します。

結婚用・永住移住査証ビザ(Mon-Quota Immigrate Visa)

費用1,500~2,000ペソ
条件18歳以上(20歳未満の場合は保護者の同意がある人)で、フィリピン人と結婚していること

特別居住退職者ビザ(SRRV)

SRRV CLASSICSRRV SMILESRRV HUMAN TOUCH
必要預金額・35歳~49歳:5万USドル
・50歳以上で年金未受給:2万USドル
・50歳以上で年金受給中:1万USドル
2万USドル1万USドル
年会費360USドル360USドル360USドル
条件35歳以上で、犯罪歴がなく、必要な医療検査をパスした方35歳以上で、犯罪歴がなく、必要な医療検査をパスした方35歳以上で、犯罪歴がなく、必要な医療検査をパスしており、介護や療養を必要とする方

特別割当移住査証(Quota Immigrant Visa)

費用約2万ペソ
条件20歳以上で犯罪歴がなく、必要な医療検査をパスした方。※初回申請時にはフィリピン政府の認めた銀行に5万USドル以上の残高証明が必要

クオータービザなどのフィリピン永住権に興味があるならGSR株式会社へ APECO特別永住権の無料セミナーを開催

クオータービザなどのフィリピン永住権に興味があるなら、GSR株式会社にぜひご相談ください。日本唯一のAPECO公式代理店です。このAPECOプログラムに参加することで、フィリピンの特別永住権ASRVを取得することができます。

APECO特別永住権の無料セミナーも定期的に開催していますので、ぜひお気軽にお申込みください。セミナー後は、個別相談会も開催いたします。

フィリピンで不動産投資や資産運用をお考えならGSR株式会社へ

  1. フィリピン不動産投資ならGSR株式会社 フィリピン不動産投資のリスクと注意点 キャピタルゲインは期待できる?
  2. フィリピン不動産投資にかかる税金と向いているタイプ セミナーや個別相談会を開催
  3. フィリピンの事業継承ならGSR株式会社のサイトをチェック フィリピンでの事業継承の方法と実行手順
  4. フィリピンの事業継承ならM&AのマッチングをサポートGSR株式会社 M&Aの解説と買収のポイント 法人・個人問わずセミナーに参加を
  5. フィリピン現地視察を成功させるための手順 短期間の滞在でも保険に加入を
  6. フィリピン現地視察ツアーにかかる料金や通訳を依頼する際の料金・方法 資料請求はお気軽に
  7. フィリピン永住権の種類と申請条件を解説 クオータービザの申請について相談を セミナーも開催
  8. フィリピン永住権の取得方法と必要となる費用 免税についても相談を
  9. フィリピンへ事業進出をお考えならGSR株式会社のセミナーに参加を フィリピンの投資環境と注意点
  10. フィリピンの事業進出ならコンサルで豊富な成功事例があるGSR株式会社へ フィリピンでの法人設立の手順と注意点

フィリピン不動産投資のセミナーや個別相談会をお探しならGSR株式会社へ

社名
Global Strategy Real estate Inc./GSR株式会社
連絡先
■マニラ本社
4/F Guijo Center, 7625 Guijo St. cor. Sacred Heart, San Antonio Village,
Makati City 1203 Philippines
Phone.+63-2-8869-4444
■東京オフィス
【お客様窓口】
〒105-0013 東京都港区浜松町2-1-16 2F
2F 2-1-16 Hamamatsu-cho Minato-ku Tokyo 105-0013 Japan
Phone.03-6450-1240 FAX.03-6450-1443
e-mail
info@gsr-ph.com
設立日
2014年6月
資本金
20,000,000peso
従業員数
42名
事業内容
新築・中古コンドミニアムの売買・賃貸・仲介
セミナー・イベント
セミナー動画
お問い合わせ・資料請求
オンライン個別相談